車検の受け方

ユーザー車検による車検の受け方

車検はディーラーや整備業者に依頼をすると、高額な費用を請求されることになります。少しでも費用を抑えたいという方には、ユーザー車検というものがあるのをご存知でしょうか?実は車検というものは、一般のユーザーが申し込みをして受けることが出来るようになっているのです。

ユーザー車検を行なう場合、定期点検整備を自分自身で行なって点検記録簿に記入を行ないます。整備が必要な箇所があれば整備を行って車検をクリア出来る状態にしておかなければなりません。点検と整備が完了すれば、車検場で検査を受ける日程を決定します。電話や国土交通省のホームページで予約を行なうことが出来ます。

車検場で車検を受ける際に必要になる書類がたくさんあります。自動車税の納付書や自賠責保険の証書を事前に用意しておき、継続検査申請書、自動車検査票、継続検査手数料納付書、重量税納付書は整備振興会で購入をして書類作成を行なわなければなりません。全ての書類の準備が出来れば、窓口に行って車検の申請を行ないます。

申請後は実際に車検の検査に入りますので、検査ラインへ対象車を移動させて検査を受けていきます。検査場の検査官によって作動チェックがまずは行なわれ、そこから自動検査に入っていきます。自動検査は指示に従ってユーザー自身が検査作業を行なうことになります。1つの検査が完了すれば記録器で検査表に印字が行なわれ、次々と検査を進めていくのです。全ての検査に合格をすれば、継続検査窓口へ全ての書類を提出して車検証とステッカーを発行してもらい完了となります。

万が一、検査場で不備が見つかり車検に不合格になってしまっても、不備が見つかった箇所さえ整備を行なえば車検証とステッカーを発行してもらうことが出来ます。検査を受けた当日中に整備が完了すれば手数料を取られることもありません。1回目の車検を受けてから15日以内であれば検査手数料だけで再度車検を受けることが出来ます。

ユーザー車検は法定費用と車検費用だけが必要になるだけで、整備などにかかる費用が一切かかりません。ディーラーや整備工場だと整備費用がかかってしまい、どうしてもこの費用が高額になってしまうのです。車の整備に関する知識があるという方で車検費用を抑えたいという方は、ユーザー車検を選んだ方が賢いと言えるでしょう。